O14

my fragmented self and cats

petapeta:

「逸品逸話」シリーズ | 猪原金物店・コラム

世界一切れる幻のカミソリ・・・「日本剃刀(にほんかみそり)」
別名「和ゾリ」。
世界の刃物の中で{本体の重みだけ}で切れるのは「日本剃刀」だけだといわれる。
ドイツ・ゾーリンゲンや現在の替え刃式安全剃刀(シックやフェザー)なども切れ味においてはるかに及ばない。
男性の髭剃りは勿論、女性の産毛もきれいに剃りあがり化粧ののりがまったく違うことから、昔は嫁入り道具の一部として重宝がられたものである。
しかし昭和30年代より替え刃式の安全カミソリが登場することで市場から次第にその姿を消すことになる。
また原材料である上質の砥石、松炭、軟鉄、鋼などが入手困難になった事も古式鍛錬による伝統産業の存続を困難にしている。
日本の美の伝統を受け継ぐ京都・祇園の舞妓、芸妓衆は現在も「日本剃刀」を使用している。
ちなみに人間の乾燥した「毛」の硬さは銅線とほぼ同じである。
細い銅線を切っていくには刃物によほどの硬度と靭性、耐磨耗性がなくてはつとまらない。
勿論実際に毛を剃る時には、蒸しタオルなどで毛を湿らせ毛の硬度を落とさないと刃が持たない。
小生は恥ずかしながら毎日の髭剃りは電気剃刀かシックの二枚刃を使っている。
以前、替え刃を替えたばかりの髭剃りを使おうとしたら全く切れずに顎や口の周りが血だらけになった。
鏡越しに後を通ろうとしたカミさんに
「変だなあ・・・昨日、刃を替えたばかりなのに全く切れん。シックも質が落ちたなあ・・・」と言うと
「ごめんごめん、昨日、それを借りて脇毛を剃ったけん」(!?!?!)
こういう時に妻を絞め殺しても殺人罪にならないちゃんとした法律を日本は作るべきだと思う。
世界一切れるカミソリ・「日本剃刀」をただ一人作り続ける日本最後の古式鍛錬剃刀職人・市原清隆(三木市在住)氏には残念ながら後継者はいない。

via: yuruyurau | 0424.2014 | 282 notes

petapeta:

「逸品逸話」シリーズ | 猪原金物店・コラム

横たわる女性の姿かペリカンの嘴を連想させるハサミである。
このハサミこそ現代科学の最先端をいく究極のハサミ「SWISSORS(スウィザーズ)」なのだ。
刃部はアメリカのMJTで医療用機器として開発された強化ステンレス製(ハイカーボン・ステンレス)。
ステンレスにカーボン(炭素)を多く含ませ、非常に高い硬度と対磨耗性を持たせたその刃に、なんとチタンをコーティングしてあるから大変だ。
石でも切らない限り研ぐ必要がない。
しかし一番の特徴は支点が四箇所あることだ。
S・テビック博士が考案した軸部の四箇所構造は労力を50~70%減少させることに成功し、おまけに刃元から刃先まで同じ力で切ることを可能にした。(ハサミを扱った人はご存知だろうが、軸部・支点から離れるに従って、つまり刃先に近づけば近づくほど切るのに力が要る)
くどいようだが軸部は軸部で回転のすべりを極める為に「関節的針状ベアリング構造」を採用している。
はっきり言って、くどい!!
防弾着に使用されるケブラー、厚手の革、カーペット、段ボールなどが使用する対象であるが、切るなと書いてある電気コードやバルサもばさばさ面白いほど軽く切れる。
厚手の紙類や布地、ナイロン、ビニールテープなどはウォーミングアップ程度でOKである。
スイスの有名なナイフメーカー・「ウェンガー」製で、定価27000円(当店特価16000円)。
こんなハサミ売れるはずはないと思いながら「究極」という二文字に弱い店主が展示してみたところ、結構売れている。
だんだんマニアックなお客が増えているということか?
そして反響も大きい。
あとは購入してくれたお客があまり変なものを試し切りしないことを願うだけだ。

via: yuruyurau | 0424.2014 | 213 notes

enjoetoh:

(´・ω・)

via: yuruyurau | 0424.2014 | 68 notes
via: artunion | 0424.2014 | 172 notes
I follow

powered by tumblr. themed by JNTHED. based html by kiyla.